寂光院のご案内 尾張名所図会
『尾張名所圖會』(尾張名所図会、おわりめいしょずえ)は、 江戸時代末期から明治時代初期にかけて刊行された尾張国の地誌。 天保9年(1838年)から天保12年まで約3年をかけて執筆され、天保15年(1844年)2月に前編7巻が刊行された。 後編6巻の刊行は明治13年(1880年)。同誌は愛知県図書館や名古屋市博物館などが収蔵している。 寂光院に関しては、巻6に記述されている。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedea)』
尾張名所圖會に描かれた寂光院

 継鹿尾山蓮台寺

 座禅石の眺望

現在の風景(木曽川上流)
現在の風景(木曽川下流)

 栗栖の桟

現在の風景
アクセスカウンター