第1日曜日 第2・第4日曜日 第2日曜日
5日・18日 第3土曜日 不定期

 月例大護摩祈祷 <祈りの浄火>

お護摩の浄火で月に一度 清新な自分を取り戻す。
お護摩の浄火で月に一度 仏様のお力(如来加持力)で生きる力を!!
観音様は、いつも正しい方向を指し示す羅針盤です。
観音様の慈悲のまなざしのもとで、心安らかで豊かな日々をお送りください。
 大護摩は弘法大師伝来の秘法です。 護摩壇中央の炉にご本尊千手観音様をお招きして、そのご加護を願うものであります。 ご本尊千手観音様の大慈大悲のお心が大火炎となって燃え上がり、 私たちの願いが清められ、清浄な観音様のご誓願に叶うのであります。 観音様の浄火でお加持をされたお札様は観音さまそのものです。 お札を受けることはご家庭に観音様をお迎えすることですから、 お札様は清浄な場所(神棚、玄関、床の間、高い場所)にお祀りください。
お札様 お護摩風景 お護摩の浄火
月例大護摩祈祷 毎月 5日・18日
時 間 午前10時半
ご本尊千手観音様の御前で、お願い事を浄書した護摩木を手に直接お参りできます。 そのあと、「やすらぎ法話」にもご参加いただけます。
場 所 本堂にて厳修いたします。
護摩木ご志納料 300円
(お願いごと、お名前、お年を護摩木にお書き下さい)
ご祈祷志納料 5,000円以上(大護摩札授与・ご郵送も可)
お申込み 当日の10時迄にFAXかお電話で
交 通 名鉄犬山遊園駅東口より直通バスがあります

 やすらぎ説法

【 公開講演会 】
行催日 毎月第2日曜日
時 間 午前11時〜12時半
場 所 聖徳殿
講 演 松平實胤 山主
2021年度 2022年度
1月 新春法話「3密と三密加持」 新春法話「仏教とSDGs」
2月 犬山シティマラソンの為お休み 犬山シティマラソンの為お休み
3月 お休み 「今、焦眉の問題―虚仮なる世間を生きるためにー」
4月 「花まつり」甘茶供養&楽しいコンサート お休み
5月 『縁−−−今ここを変更できないーーーー』  「今日は旧4月8日、釈尊誕生・花まつり」
甘茶供養とやすらぎ法話
6月 『聖徳太子と空海』
7月 『コロナ禍のお盆、本来の自分に出会う』
8月
お休み
お休み
9月 「世間虚仮 唯仏是真」
10月 「百寿の時代を迎えて」
11月 「ひろさちや先生」の
楽しい仏教教室
「ひろさちや先生」の
楽しい仏教教室
12月 「京都総本山智積院に出仕の為、お休み」

 お写経と法話の集い

 まず、お清め作法 ・ ご一緒に読経 ・ 松平山主の法話 ・ 般若心経の写経

【 般若心経を読む・聞く・書く 】
行催日 毎月第2・第4日曜日
時 間 午前10時〜12時
場 所 聖徳殿(または内仏堂)
納経料 1,000円(1巻)
導 師 松平實胤 山主
どなたでも自由に参加できます。(写経用具は当方に取り揃えてあります)
内仏堂では第4日曜日に限らずいつでもお写経のご用意をいたしております。
前もってお電話を戴けましたら幸甚です。

 写仏教室 

【 仏さまを描く 】
行催日 毎月第3土曜日
時 間 午後1時〜3時
場 所 聖徳殿
受講料 2,000円(教材費は別途)
講 師 中日文化センター講師 前田道雄 先生

前田先生の心和む、心癒される、仏さまにふれるひとときです。初めての方も大丈夫です。基礎の基礎から始めます。

写 佛

 作品集

十三佛
作者 大庭和子
勢至菩薩
作者 石黒由美子

 写佛展

 ご詠歌教室

 全く初めての方、歓迎。 とても楽しく、優しく、教えてくださいます。

【 仏様にお唱えする 】
行催日 不定期(お問い合わせください)
時 間 午後2時〜4時
場 所 内仏堂
受講料 2,000円
師 範 名古屋・福生院山主
松平實城 僧正
音符が読めなくても大丈夫。
高い声が出なくても大丈夫。
ゆっくりと気長にお唱えしましょう。
ご詠歌・ご和賛には
 お釈迦様やお祖師さまのご誕生やご一生
 ご詠歌仲間との絆
 ご命日などの大切な方を偲び
お唱えする色々な曲があります。

どなたでも、いつでも始められます。

 月輪観(瞑想)&写経

 静かな仏前で本来の自分に出会うひとときです。 

行催日 毎月第1日曜日
時 間 午前11時
場 所 聖徳殿
志納料 1,500円
指 導 松平實胤 山主
どなたでも自由に参加できます。
事前にご連絡をいただければ幸甚です。
アクセスカウンター